HOME>アーカイブ>【要チェック】振袖の着付けに必要な小物リスト

忘れがちな着付けに必要な小物に注意!

成人式の準備は色々なものが必要で大変ですよね。しかし、レンタルの場合は、振袖一式着付けてくれるのでとてもありがたいですよね。ですが、振袖以外にも、着付けに必要な小物がいくつかあるんです。ほとんどのレンタルショップはセットでついてきますが、万が一に備えてしっかり小物もついているかは確認しておきましょう。

着付けに必要な小物リスト

  • 腰ひも(4本)
  • 後ろ板
  • 和装ベルト
  • 伊達締め
  • 和装ベルト
  • 伊達締め
  • 襟芯
  • 着付けベルト
  • 足袋
  • 三連紐

振袖レンタルの契約時に気を付けるべきこと

婦人

振袖をレンタルするときに気を付けるべき点がいくつかあります。まず、「今だけの割引キャンペーン」などという甘い謳い文句には十分注意しましょう。そういった期間限定のキャンペーンを見かけると、早急に契約したくなりますが、慎重に契約内容を確認して決めることが重要です。また、「衣装のセット内容」も気を付けてチェックしておきましょう。着物一式といっても、足袋はついているか、草履などもついているか細かいところまで確認しておく必要があります。料金はもちろん、レンタル期間なども踏まえて信頼性のあるレンタルショップと契約し、気持ちのいい成人式が迎えられるようにしましょう。

振袖はレンタルか購入か

着物

実際、成人式で振袖をレンタルする人と購入する人、どちらが多いのでしょうか。振袖をレンタルする、という人の割合は例年約半数以上を占めているそうです。購入する、という人は全体の3割ほどとなっており、残りの1~2割が母や姉のおさがりだそう。購入する人の多くは、「下に妹がいるから」とおさがりにするため購入するようですよ。

どこでレンタルをするか

女性

振袖をレンタルする場合、どのお店でレンタルするか悩みますよね。通常、家の近くの振袖レンタルショップを利用する人が多いようです。しかし、最近利用している人が増えてきているのが、ネットでの振袖レンタルです。ホームページから気に入った振袖を選んで予約し、成人式前になると宅配で振袖一式が届くシステムです。全国どこでも送料無料、というレンタルサイトもあり、とても便利なレンタルシステムで今人気を集めています。

広告募集中