HOME>記事一覧>【京都で人気のデザイン】振袖の種類と流行を知っておこう

振袖の種類について

婦人

振袖は、大きく分けて3種類あるのをご存知ですか。「大振袖」と「中振袖」と「小振袖」です。大振袖は、袖丈が114㎝程度となっており、格式が一番高いとされています。この大振袖は結婚式のお色直しで見かけることがあると思います。また、中振袖は袖丈が100㎝程度で、成人式で使用されている振袖の多くはこの中振袖となっています。結婚式に出席する際などにも、着用されています。結婚式で中振袖を着る際は、あまり派手な振袖やメイクにしないように注意が必要です。小振袖は、袖丈が85㎝程度となっており、動きやすいという特徴があります。大学の卒業式では、袴と合わせて着用します。振袖というと、成人式のイメージしかなかった、という人もいるかと思います。色々な場面に合わせてピッタリの振袖を着て特別な場へ出席してみてはいかがでしょうか。

流行から見る人気の振袖

平成初期、成人式では、ミニスカートで肩を出した「花魁風」の振袖が一部の若い女性に大人気でした。今でも見かけることはありますが、以前ほど多くは見かけなくなりました。京都の成人式では、毎年落ち着いた印象の振袖が人気だそうです。落ち着いた赤色のデザインながらも、正統派でおしゃれかつ綺麗な印象を出すことができます。最近では、淡い白色やピンク色のデザインの振袖も多くの女性から評判がいいそうです。繊細な花柄模様はいつの時代も好評です。成人式の振袖は、ショップによって異なるので、いくつかのショップを事前にチェックしておきましょう。自分のお気に入りの色やデザインを選ぶのはもちろんのこと、自分に合った振袖を選べるといいですね。目立ちたい!という人は、花魁風の振袖にチャレンジしてみてもいいかもしれません。

広告募集中